繊細さんが、今日も行く

~自分の機嫌は自分で取りつつ、50代の日々を楽しむ~

アラフィフの早朝スタディ。

 

 

最近は眠りが浅い日と、昼近くまでぐっすり眠る日と両極端だ。

 

外をほっつき歩いて体力を極限まで使うと、昼近くまでぐっすりコース。

 

反対に、暑いからと外出せずに家でぐだぐだしていると、ツラい夜を過ごすことになる。

 

仕事がないときの私には、決まった起床時間というものがない。

 

ベッドから起き上がったときが起床時間である。

 

今朝も例に違わず大変眠りが浅く、2時間おきくらいに目が覚め、とうとう6時にはパッチリ目が覚めてしまった。

 

6時といったら私にとっては信じられないくらいの早朝だ。

 

一緒に寝ているお猫様もすっかりお目覚めのご様子だったため、よいしょとベッドから降りて窓を開けてやった。

 

お猫様は窓の外を眺めるのが大好きなのだ。

 

リビングにやってくると、部屋は当たり前のようにまだ暗い。

 

娘の部屋はリビングに接しているうえ、娘はいつもドアを閉めないため、明かりをつけようものなら起こしてしまいかねない。

 

ぐっすり眠っている娘を起こさないよう、いつもYouTube撮影で使っている小さなライトを灯してみた。

 

その明かりを見ていたら、なぜだかムクムクと勉強したい欲が湧いてきた。

 

「早朝から暗いリビングで勉強。なんかいいかも!」

 

そう思い立った私はすぐにパソコンを立ち上げると、書きかけの博士論文のファイルを開いた。

 

☆博士論文についてはコチラをご覧いただけたら。

mabelle.life

 

上の記事を書いてからは、毎日とはいかないものの、なるべく日を開けずに取り組むようにしている。

 

家族が寝ている間に、紅茶片手にパソコンをカタカタと打つ私。

 

気付けば3時間も作業をしていた(夫は途中で出社済み)。

 

自分でも驚くほど集中できたし、はかどった。

 

早起きは三文の徳とはよくいったものだ。

 

 

年齢のせいなのか気質のせいなのかは定かではないが、私はやや睡眠障害気味である。

 

これまでは、しっかりと睡眠をとれない自分を責めるふしがないでもなかった。

 

だが、自分ではどうにもコントロールできないことについて自分を責めても仕方がない。

 

こんなときはさっさと起き出して、こんなふうに早朝スタディと決め込むのも悪くないかもしれない。

 

 

👇ポチっと押してもらえると嬉しいです😊

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

 

mabelle.life

 

mabelle.life

 

ブログランキング・にほんブログ村へ