繊細さんが、今日も行く

~自分の機嫌は自分で取りつつ、50代の日々を楽しむ~

インスタを始めたが、やっぱり難しい!

最近、インスタグラムを始めた。

 

今日は、インスタがいかに難しいかについて、ちょっとだけ書いてみたい。

 

インスタグラムを実際に使ってみて

インスタ自体は2016年くらいから使っているのだが、長続きしているのは鍵垢(特定の人だけが見ることのできるアカウント)だけだ。

 

公開アカウントを作ったことも何度かあるにはあるが、フォロワーが増えなくて嫌になっての繰り返しだった。

 

たぶんこれまでに4個くらいアカウントを作っては放置しているはず。

 

私はオバサンと呼ばれる年代だが、若い子の文化にはできるだけついていきたいと思っている。

 

なので、Twitterもインスタも続けているし、若い子の文化とはいえないがこうしてブログも書いている(ちなみにFacebookはオジサンの文化らしい)。

 

さすがにTikTokにだけは手を出すことができずにいるが(笑)

 

 

さて、インスタはTwitterとは違って拡散力がないので、一般人が運用するのは結構難しいと言われている。

 

Twitterだと、ちょっと気の利いたことを呟けばリツイートされるので、そこからフォロワーが増えていったりしやすい。

 

一方、インスタにはこのリツイート機能がないので、運用を始めて間もないころは本当に誰も見に来てくれない。

 

「タグ検索機能があるじゃないか」と思われるかもしれないが、そう簡単に事は運ばない。

 

いつもがんばって10回くらいは投稿するのだが、そのあたりで力尽きてしまう。

 

「もうインスタなんて二度とやらない!」とその度に思うのだが、喉元すぎればなんとやらで、しばらくすると再び挑戦したくなるのだ。

 

 

インスタグラムに挑戦したい理由

なぜ何度も失敗しているのに再び挑戦したくなるのか。

 

それはおそらく、心の中の「承認欲求」を拭い去ることができずにいるからなのだろう。

 

このブログも2年続けてはいるが、今後人気が爆発するという事態はおよそ考えにくい。

 

YouTubeのチャンネル登録者数も少しずつ増えてはいるが、収益化までにはおそらくあと1年と数ヶ月はかかるだろう。

 

すぐに結果が出そうにないブログとYouTubeを続けるなかで、「やはりいま一番熱いのはインスタだよな」と気持ちが戻ってしまったようだ。

 

「え、その歳でまだインスタ?!」

 

そう思われても仕方ないかもしれないが、承認欲求が完全に消え去るときというのは老境の域に達したことを意味するのではないか…と個人的には感じている(別にそれが悪いとかそういうことが言いたいのではないですよ!)

 

娘の影響

娘の影響もある。

 

娘はこれまでの人生で勉強をがんばってきて、今現在はある資格合格に向けて勉強を続けている。

 

しかし、目に入ってくるのは勉強など一切していないが、SNSをうまく活用して人気を得たり、カリカリ働くことなく莫大な収入を手にしている人たちだ。

 

そういう人たちを見ていると、「自分の生き方ってなんなんだろう…」と悲しくなるそうなのだ。

 

娘も何度かインスタにチャレンジしてはみたのだが、やはりフォロワーが増えないことがストレスになり、早々にやめてしまった。

 

そんな娘に先日こう言われた。

 

「私はSNSが本当に苦手。みんなに注目されてみたい気持ちはあるんだけど、どうやったらいいのかわからないし(今は勉強が忙しくて)そんな時間もない。だから、代わりにママがインスタを研究して運用してみて!そしてどうすればうまくいくのかメソッドを伝授してほしい

 

 

娘にこう言われてしまったら、やるしかありません(笑)

 

いろんな人のYouTube動画でインスタ運営のカギをある程度把握し、新しいアカウントを立ち上げました。

 

思った通り、まったく「いいね」が付かないし、誰もフォローしてくれません!(笑)

 

今回も途中で諦める気配が濃厚ですが、前回よりはもう少しふんばって続けてみようと思っています。

 

 

 

いやー、インスタってほんとーーーーーに難しい!!^^;

 

 

 

👇ポチっと押してもらえると嬉しいです😊

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

★今回の内容とリンクしている過去記事です👇よかったら飛んでみてね😀

mabelle.life

 

mabelle.life

ブログランキング・にほんブログ村へ