繊細さんが、今日も行く

~ひとりを楽しむ~

緊張の1週間。

皆さん、こんにちは。いつもブログに遊びに来てくださって、本当にありがとうございます😊

 

今日は久々にのんびりと紅茶片手にブログを書くことができています。

 

心底リラックスできたのは何日ぶりでしょうか。

 

10月に入ってからの絶不調

前に記事にしましたが、10月に入ってから絶不調が続いていました。

 

mabelle.life

 

絶不調から抜け出すために、3つほどやることを決めました。

 

そのことについては、また別の記事で触れたいと思います。

 

試行錯誤した結果、なんとか絶不調を脱することはできましたが、それでもなんとなく不調」状態がずっと続きました。

 

そして私の体調とは裏腹に、コロナウイルスはどんどん消え去っていきました。

 

そんな中、私が勤める大学からとうとう連絡がきたのです。

 

「オンライン授業から対面授業への切り替えのご依頼」

 

です!!

 

オンライン授業

当然といえば当然の、大学からのこの依頼。

 

受け取った瞬間、思ったのは「とうとう来たか。。。」というものでした。

 

昨年春から、私たち大学講師はオンライン授業への変更を余儀なくされ、右も左も分からない中、手探りで授業の準備に奔走してきました。

 

大学側からの七面倒臭い「注意事項」も多岐にわたり、「これでいいのかな?いや、これじゃ内容が薄いか?!」などと自問自答しながらなんとか乗り越えてきたわけです。

 

最初のうちこそてんてこ舞いでしたが、昨年の秋頃になると、すっかりオンライン授業にも慣れていました。

 

オンライン授業は、なんといっても通勤しなくていいのがラクです!

 

それに、コロナ感染リスクを減らせるという面では、安心感がめちゃくちゃありました。

 

ですが、学生たちとの直接的なやり取りがないので、「何のために講師になったんだろう?」という気持ちは拭えませんでした(私は講師になりたいという気持ちがかなり強かったんです)。

 

楽チンで安全 VS やりがい

 

自分の中で、こんな対立構造ができあがっていた気がします。

 

f:id:mariebelle:20211103113322p:plain

オンライン授業から対面授業へ

それにしても、人間というものは楽チンな方に流れる存在ですね。

 

「やりがい」ウンヌン言っていた私ですが、実際はオンライン授業というお布団の中でぬくぬくとまどろんでいたような気がします。

 

もちろん、オンライン授業の準備は時間をかけてしっかりとしましたし、対面と比べても内容的に劣るものでは決してなかったと思っています。

 

あくまでも、気持ちの面で、です。

 

そんなときに、大学から「対面授業に切り替えてください」という通知が届いたのでした。

 

ですがこれは強制ではなく、「可能であれば」という性質のものでした。

 

一瞬たりとも迷わなかったかといえば嘘になります。

 

ですが結局、コロナ感染リスクもかなり低くなったいま、オンラインを継続するのは適切ではないと判断しました。

 

対面授業への切り替えを決意してからというもの、大変でした。

 

学生が振り回されてしまうのを避けるため、いきなり翌日から対面授業というわけにはいきません。

 

しばらくはオンライン授業を継続した状態で、講師側は対面授業の準備をするわけです。

 

これが私にはなかなかにしんどかった。

 

対面授業を行うのは約2年ぶりです!

 

まるで初めて教壇に立つ日を控える人間のように緊張してしまったのです!

 

ひさびさの対面授業初日までの1週間は胃の調子が悪くなり、体重が減ってしまったほどです。

 

f:id:mariebelle:20211103113610p:plain

いざ、授業へ!

このブログに頻繁に訪れてくださっている方はご存知のとおり、私は気にしいで神経質です。

 

不安症の症状もあります。

 

いろんなことを先回りしてアレコレ心配する性質で、ストレス耐性がかなり弱いです。

 

そこで少しでも不安を減らそうと、対面授業再開までの1週間、授業の準備とリハーサルを入念に行いました。

 

せっかく少し良くなった体調も再び悪化し、苦しい思いをしました。

 

授業の前日は、情けないことにほぼ眠れませんでした(^_^;)

 

 

そんな私を見ていた娘がひと言、

 

「ママ、ママは先生なんだから、みんな私を見て!ってくらい堂々としていればいいんだよ。ママの晴れ舞台なんだから」

 

そう言ってくれたのです。

 

 

そうか、私の晴れ舞台か。。。

 

 

娘のひと言って大きいんですよね。そこから意識が変わっていったように思います。

 

そして迎えた対面授業再開の日。

 

教壇に立ち、話し始める前こそ少しプルプルっと震えましたが、話し始めたらびっくりするくらい大丈夫でした!

 

私の授業では、学生たちとのやり取りも頻繁に行うため、若いエネルギーを感じてこちらまで元気になったような気がしています。

 

「…あぁ、楽しい!これだよこれ!だから私は講師になりたかったんだ…」

 

対面に切り替えて本当に良かった!

 

学生たちもクラスメートとのグループワーク中、とても楽しそうにしていました。

 

 

いつだって、自分たちの成長を阻むものは「楽チン」に流れようとする性質だ

 

そして自分たちを成長させてくれ、かつ人生を楽しくしてくれるのは、ほんの少しの「勇気」だ

 

 

心の底からそう思いました。

 

2回目からはもう少しリラックスして授業に臨めそうです。

 

 


www.youtube.com

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

いつもブクマやコメント、ブログ村クリックをありがとうございます😊励みになります!

 

☘☘☘☘☘☘☘ 

👑ランキング参加中!応援クリックお待ちしています♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
☘☘☘☘☘☘☘

 

ブログランキング・にほんブログ村へ