つぶしてもいい人間。

★読者登録をぜひよろしくお願いします!

最近ハマっている垣谷美雨さんの小説に、「つぶしてもいい人間」という表現が出てきました。

 

いままで生きてきて、「つぶしてもいい人間」という言葉を聞いたことがなかったので、衝撃を受けました。

 

それと同時に、絶対に他人に自分のことを「つぶしてもいい人間」と思わせてはならないと肝に命じたのです。

 

『夫の墓には入りません』垣谷美雨

あらすじをネタバレなしで超ざっくりとお伝えしますね。

 

夏葉子(かよこ・44歳)は東京の下町出身で、いまは夫(46歳)と長崎で二人暮らしをしている(二人の間に子供はいない)。

 

夫とは一応恋愛結婚だったが、ここ数年は一緒に過ごす時間もほぼない冷めきった状態。

 

そんなある日、夫が脳溢血で急死する。

 

生前、夫にないがしろにされていたことや、どうやら「愛人」らしき女性がいたことを知った夏葉子は、夫の死に涙も出ない。

 

「これで晴れて自由の身だ!」と空を仰ぎ見た夏葉子だったが、世の中そう思いどおりにはいかない。

 

四十九日の際、夫の墓を見て夏葉子はその場に凍りつく。

 

墓石には、夫の両親と引きこもりの夫の姉の名前のみならず、夏葉子の名前もしっかりと刻まれていたのである!

 

 

f:id:mariebelle:20210906132657p:plain

 

「姑たちは、自分たちの老後の面倒と、引きこもりのお義姉さんの面倒まで私にみさせようとしている」

 

そう感じた夏葉子は、夫一家の元から一刻も早く逃げ出したくなるがそうもいかない。

 

夫の死後、夏葉子が町で男性と話をしていただけで、その情報が姑に筒抜けになりあらぬことを疑われる。まさしく監視社会!

 

そのうえ、姑は夏葉子宅の合鍵をもっていて、夏葉子の留守中に友人たちを勝手に招き入れたり、夏葉子の下着を洗濯したりするのだ。

 

自分をないがしろにしていた夫の家族から逃げたいけれど、逃げられない!

 

ストレスでうまく呼吸ができなくなった夏葉子の異変に気付いた実家の父親が、とうとう長崎にやってくる。

 

ここで、父親と夏葉子の会話を少し紹介します(太字はブログ筆者による)

 

父:「冗談じゃねえよ。俺の大切な娘が、なんで死んだ亭主の家族の世話までしなきゃなんねえんだ?(中略)本当なら嫁を自由にしてやるべきだろ。まだお前も四十半ばなんだから再婚したっていいし、東京に帰ってきてもいい。向こうはもともと縁もゆかりもない土地なんだからさ(中略)弓子さん(引きこもりの義姉)が将来寝たきりになったらお前が面倒見るのか?」

夏葉子:「それは…嫌だ」

父:「お前が寝たきりになっても弓子さんは面倒見てくれないもんな」

夏葉子:「そりゃそうだよ」

父:「要はさ、夏葉子はつぶしてもいい人間なんだよ」

夏葉子:「そんな…」

父:「夏葉子は小さいときからしっかりしていた。花純(夏葉子の妹。頭が悪く、だらしない性格)みたいにわがままも言わなかった。大人しいが芯は強い。そのうえ相手の気持ちを優先するし誠実とくれば、誰だって頼りたくなる。(中略)つまり夏葉子は、誰から見ても庇護の対象じゃねえんだよ。(中略)『いい人ね』と言われながら、実は便利に使われている、軽く見られてんだ」

 

 

つぶしてもいい人間

父親のセリフを読んでいて、あぁ本当にそのとおりだなって思いました。

 

私は社会に出ると、夏葉子みたいに便利な人間になりがちです。

 

若い頃はあまりケアレスミスをしない真面目な人間だったので、これもあれもお願いといいように使われていました。

 

断るだなんてことは、考えたこともありませんでした。

 

人に良く見られたくて、有能だと思われたくて、とにかく無理していました。

 

でも今思えば、私をいいように使っていた人たちは私のことを有能だと思うどころか「ある程度使ったら、その後はつぶしてもいい人間」だと思っていた気もします。

 

 

f:id:mariebelle:20210906132913p:plain

私の後輩にも夏葉子のような子がいます。

 

明るくて体力があり、親切心の塊のようなその子は、周りからいいようにこき使われています。

 

その子が嫌な顔をしたり、不機嫌そうな声を出しているのを見たことも聞いたこともありません。

 

年をとった私は思います。なんて損な生き方なのだろう、と。

 

庇護の対象

夏葉子の父親を見ていて、つい亡き父を思い出してしまいました。

 

わたしがいくつになっても、ずっとわたしのことを「庇護の対象」として見てくれていました。

 

なにかあっても自分の後ろにはいつだって父がデーンと構えていてくれたから、私は安心して冒険ができていたように思うのです。

 

ですがもうこの世にいません。

 

 

夫はどうなんでしょう。

 

経済的には庇護してもらっていますが、精神的には…?

 

つぶしてもいい女と思われたくないので、夫の前ではしっかりしすぎないようにしたいと思います(笑)

 

 

そういえば、むかし見たドラマにありました。

 

顔が特別カワイイわけではないけれど、行動が赤ん坊みたいな女子高生。

 

そこらですぐに昼寝をしちゃうし、しかもお腹を出したままだったりする。

 

その子の幼馴染である男子校生Aは、「ったく仕方ないなぁ〜」といつもその子の世話をしていました。

 

イケメンのAは女子にモテモテでしたが、Aにとってはその「腹だし赤ちゃん女子」が一番なんです。

 

「腹出し赤ちゃん女子」に負けることが理解できず、イライラしているキラキラ女子に、ある男性がこう言います。

 

「男はな、自分に無防備な姿を見せる女に弱いんだ。究極は赤ん坊だ。俺が守ってやらなきゃと思わせる女がいちばん強いんだ」

 

このセリフ、妙に記憶に残っています。

 

誰かの庇護対象になれるかどうか。

 

意外と大事な気もします。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

いつもブクマやコメント、ブログ村クリックをありがとうございます😊励みになります!

 

☘☘☘☘☘☘☘ 

👑ランキング参加中!応援クリックお待ちしています♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
☘☘☘☘☘☘☘

 

ブログランキング・にほんブログ村へ