劇場版『光のお父さん』~これがゲームの魅力か~

★読者登録をぜひよろしくお願いします!

突然ですが、みなさんゲームってしますか?

 

実は私、ほとんどやったことがないんです。

 

子供の頃、ボードゲームは人一倍やりましたが、手を使ってピコピコやる系のゲームは、マリオカートくらいしかやった記憶がないんです。

 

「やり始めたら、面白い」とは聞いているものの、なんとなく時間の無駄のような気がして(お好きな方がいらしたらすみません)避けてきました。

 

なぜゲームの話から入ったのかというと、先日Amazon Primeで『劇場版FINAL FANTASY XIV 光のお父さん』という映画を観たからなんです。

 

『劇場版FINAL FANTASY XIV 光のお父さん』(2019)

タイトルを見た瞬間、「なんのこっちゃ?」となった私。

 

ですが、ストーリーをちょこっと覗いてみたくなったのは、主演が坂口健太郎さんだったからです。

 

f:id:mariebelle:20210811190759p:plain

特にファンというわけではありませんが、どちらかというと「見ていたい」お顔です。

 

そして、この写真の吉田鋼太郎さんの真剣な表情!なんとも可笑しくないですか?😂

 

どんなストーリーなんだろうと覗いてビックリ!

 

なんとも斬新なストーリーだったのです。。。

 

『光のお父さん』あらすじ

さわりの部分だけ、ざっくりとご紹介しますね。

 

広告代理店に勤めるアキオ(坂口健太郎)は、ずっと単身赴任中だった父親(吉田鋼太郎)のことを何も知らない。

 

典型的な昭和の男である父親は、家にいればムスッとして黙ってテレビを見ているだけ。

 

幼い頃に「ファイナルファンタジーIII」で一緒に遊んだのが父親との最初で最後の楽しい思い出だ。

 

ある日、父親が突然会社を辞め単身赴任先から戻ってくる。

 

辞めた理由について、父親は家族にひと言も語ろうとしない。

 

家族の間にはぎこちない空気が流れるのみ。

 

父親が何を考えているのかを知りたいと思ったアキオは、ある斬新な計画を思いつく。

 

それは、アキオがいまハマっている「ファイナルファンタジーXIV」に父親をいざない、自分の正体を隠して近づき、父親の本音を聞き出そうというものだった。。。

 

驚いたこと

この映画を観てはじめて知ったのですが、こういうゲームって、プレイ中に出会った他のキャラとお喋りができるのですね?

 

ゲームに慣れている方からしたら、「はぁ?おまえなに言ってんの?😂」という感じかもしれませんが、ゲームに関してはまったく無知の私からしたら驚きの発見でした。

 

男性が女性のキャラになったり、またその逆になったりしながらプレーをし、ゲームの中で出逢った他のプレーヤーに「フレンド申請」なるものをして繋がっていく。

 

いやぁ、知りませんでした!

 

 

単身赴任先を引き払って家に戻ってきても、ボーッとしているだけの父親をアキオはどうやってゲームの世界にいざなうのでしょうか?

 

とっても面白い設定だと思いませんか?😊

 

そして、アキオは無事、父親とゲームの中で友達になり一緒に敵と戦うことはできるのでしょうか。。。

 

坂口健太郎さんの、ちょっとオドオドした演技もよかったですが、なんといっても吉田鋼太郎さんが超面白かった!

 

『おっさんずラブ』の吉田さんも爆笑でしたが、あの方はなんでああもオモシロかわいいのでしょう?😂

 

ちょっとした表情、間のとり方、声の出し方。。。

 

そのすべてが最高でした!!

 

 

ゲームの中の世界はとても美しくて、ひょっとしたら試したことのない私の方が損をしているのかもしれない。。。チラッとそう思ったのでした。

 

観終わってから知ったこと

大満足で観終わった私は、ちょこっとこの作品についてググってみました。

 

そうしたら、驚くべき事実をいくつも発見してしまいました。

 

まず、この作品は映画化される前に、書籍化もドラマ化もされていたということです!

 

f:id:mariebelle:20210811192910p:plain

ドラマ版のアキオは千葉雄大さんが。

 

そして父親役は、今は亡き大杉漣さんが演じられていたようです。

 

大杉さんのお父さん役もとても気になりますね。

 

 

そしてふたつ目が、この作品は実話だということです!

 

大変失礼ながら、私はこの映画を観ながら「こんなに父親想いな息子、いまどきいるのかねぇ」と思っていました。

 

仕事人間でムスっとしっぱなしの父親なんて、打ち捨てておけばいいという考えの息子の方が多いような気がしていたのです。

 

でも違ったようですね。。。

 

 

そして三つ目ですが、その原作者の方はなんと、ブロガーさんだったそうなんです!

 

原作者であるマイディーさんのブログは、累計アクセス数1,000万を超えていたといいますから、すごいですよね。

 

大人気ブログから書籍化、ドラマ化、そして映画化されたわけです。

 

 

ですが、原作者のマイディーさん、ご病気のため昨年亡くなられたそうなんです。。。

 

こんなに素晴らしい実体験を私たちに遺して。

 

ブログを読んでいたわけでもないですし、本当にたまたまAmazon Primeで見つけたから観たというだけの自分です。深いことやそれっぽいことを言うつもりも資格もありません。

 

ただ、マイディーさんには「心のあたたまる優しくて楽しい映画をありがとうございました」という気持ちでいっぱいです。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

いつもブクマやコメント、ブログ村クリックをありがとうございます😊励みになります!

 

☘☘☘☘☘☘☘ 

👑ランキング参加中!応援クリックお待ちしています♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
☘☘☘☘☘☘☘

 

ブログランキング・にほんブログ村へ