自分で自分の伸びた鼻をへし折る。

★読者登録をぜひよろしくお願いします!

賛否両論のあった東京オリンピックが幕を閉じました。

 

いままで生きてきたなかで、最も「ちゃんと」見たオリンピックだったように思います。

 

やはり自国開催だったからでしょうか。

 

時差がなかったのも大きい気がします。

 

さまざまな競技を見ましたが、最も心に残ったのは卓球だったかもしれません。

 

そのなかでも水谷選手と伊藤美誠選手の男女混合ダブルスにはシビレました。

 

そしてもうひとり、とっても気になってたまらなかったのが、平野美宇選手です。

 

まだ子供のようにも見えるあどけない顔立ちに、ちょっとふにゃふにゃっとした動き。

 

与える印象が極めてソフトです。

 

キリッとカリスマ性あふれる伊藤美誠選手とは、人に与える印象がかなり違う気がします。

 

それでもプレーが始まると、驚くほどキレッキレの動きを見せる平野選手。

 

私は彼女のことをあまり知らず、2年前の代表選考で石川佳純選手に負けたということくらいしか知りませんでした。

 

ですが先日、平野美宇選手に関するこちらの記事を目にし、感嘆しました。

bunshun.jp

 

前回のリオ五輪で代表になったのは、福原愛、石川、伊藤の3選手。

 

平野選手は補欠となり、3人の練習相手や道具係を務めていました。

 

同い年の伊藤選手と比較され、「美誠ちゃんとは差がついちゃったね」という心無い言葉を投げかけられていたという平野選手。

 

実に腹の立つセリフですが、当の本人は「美誠ちゃんは上手いから仕方ない」と悔しさもわかなかったといいます。

 

そんな自分に愕然とした平野選手は、そこからとことん意識を変えていったそうです。

 

技を磨き、慣れ親しんだプレースタイルを変え、メキメキと実力をつけていきました。

 

私が驚いたのは、この後です。

 

リオ五輪翌年のアジア選手権で中国のトップ3を次々と破った平野選手は、世間から称賛を浴びました(ったく世間は変わり身がはやい)

 

それでも平野選手はこう考えていたといいます。

 

「私の敵は天狗になること。最近周りの人は褒めてばかり下さるんですけど、そのたびに伸びかけた鼻を自分で折っています

 

 

f:id:mariebelle:20210808204949p:plain

カッコよすぎる!!

 

 

やはり伸びる人はここが違うんだなと思いました。

 

私の周りでも、本当にすごい人って、決して驕らないんですよね。

 

常に自分にダメ出しをして、「自分はまだまだだ!」と自らを叱咤するのです。

 

 

mabelle.life

 👆先日書いたこちらの記事。これを書いたときに感じた思いは嘘ではありません。

 

井の中の蛙ばんざい\(^o^)/

 

ハッピーに生きるなら、それでいいんだと思います。

 

でも…本当にすごい人になりたいのなら、自分で自分の伸びた鼻をへし折らなきゃダメなんですよね。

 

すぐに調子に乗ってしまう自分にカツを入れたいです😂

 

自分で自分を褒めてあげることは大切ですが、褒めっぱなしじゃいけないんでしょうねぇ。

 

一流アスリートは魂からして違いますね。本当にカッコいいです!

 

 

 

 

それにしても、アラフィフでも自分の鼻をへし折れるかなぁ?

 

若い人なら折ってもすぐに治るでしょうが。

 

この歳じゃあ、折ったら元通りにならないんじゃないかと不安な気もします😂

 

 

ですが羨んでばかりいても仕方ないので、「これだ!」という物事に関しては、軽くポキポキっと折りながら上を目指したいなと思ったのでした。

 

まだアラフィフですもん。

 

まだまだこれからです。

 

78歳のハナさんが主役のこちらを読んで、そう思うことができました😊

 

ハナさんは「あぁ60代に戻りたい」と何度も言っています。

 

アラフィフなど、ヤングもいいところでしょう♪笑

mabelle.life

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

いつもブクマやコメント、ブログ村クリックをありがとうございます😊励みになります!

 

☘☘☘☘☘☘☘ 

👑ランキング参加中!応援クリックお待ちしています♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
☘☘☘☘☘☘☘

 

ブログランキング・にほんブログ村へ