HSPはモテる?繊細さんの恋愛。

★読者登録をぜひよろしくお願いします!

f:id:mariebelle:20210413173705p:plain

TwitterでHSPの方たちの呟きを拝見していたところ、恋愛に関する悩みをいだいている方が少なくない気がしました。

 

私は強度HSPですが、現在2度目の結婚をし、なんとかうまくやっています。

 

美人でもなければ色気もなく、決してモテるタイプの人間ではありませんが、現在の夫と良い関係を築けたのは、HSPであることが大きく関係している気がしています。

 

そこで今日は、「HSPはモテる?」と題しまして、恋愛におけるHSPの強みを、私の実体験に基づいて書いてみたいと思います。

 

 

HSPは気を遣うのでモテる!

HSPは人によく気を遣うと言われますよね。

 

「気を遣う」というのは、たとえば飲み会の席で、サラダを取り分けたりお酌をしたりするという意味ではなく、「相手がいま何を望んでいるのか」を察知する能力が高いということです。

 

例えば私の場合、こんなことがありました。

 

夫とは、ある教育機関(詳細は控えます)で出逢いました。

授業内のグループワークで話をしたことはあったのですが、まだ二人で話したことはないという間柄でした。

 

あるとき、図書室へ行くと、夫がひとりで勉強をしていました。

 

私はそのときは深く考えず、近づいていって小声で挨拶をしました。

 

すると夫は、ビックリしたように挨拶をし返してくれました。

そこで二言三言会話をしたあと、私は「じゃ、本を探しに行くので…」と告げ彼の机を離れました。

 

彼は、ある資格の勉強をしているのだということが、卓上のテキストを見てわかりました。

 

目当ての本を見つけた後、ふつうに出口を目指すなら、彼の横を再び通るはずでした。

 

しかし、「もう勉強中の彼の邪魔をすべきでない」と思った私は、わざわざ遠回りして彼の横を通らないようにして図書室を出たのでした。

 

 

後日、彼から呼び止められ、

「あの後、また横を通るかと思ってずっと気にしてたのだけど、通らなかったね。

気を遣って遠回りして帰ったんだ…って後でわかったよ。すごい気を遣える人なんだなって、感動しちゃったよ

と言われたのでした。

 

「え、そんなことで感動するの?」と思われるかもしれませんね。

 

でも、勉強に集中したい人にとっては、そういう気遣いがたまらなく嬉しかったそうなんです。

 

このことがきっかけとなり、私たちは親しくなりました。

 

 

HSPは、「相手がいまどういう状況にあって、何を周りに対して望んでいるか」を察知する能力が高いです。

 

この人はいま、一人になりたがってる。

この人はいま、何かちょっと気分転換がしたいなと思ってる。

この人はいま、ちょっとでいいから手伝ってほしいと思ってる。

 

こういうことにいち早く気付けることは、HSPの大きな強みです。

 

そして、間違いなく異性にウケます!

 

 

 

f:id:mariebelle:20210413171703p:plain

HSPは人生について深く考えるのでモテる!

HSPは哲学的な問いを立てるのが好きだと言われます。

 

「人生とは何か」「生きる意味とは」

このような問いについて自分なりに考えたりするのが好きだったり、得意な方が多いのではないでしょうか。

 

「え、それとモテとがどうして繋がるの?」

そう思われるかもしれませんね。

 

 

世の中の人がみな、相手のパッと見や愛想の良さなどにだけ惹かれるわけではありません。

 

話してみて、「この人、こんなに深い考えをもってるんだ、素敵だな」と思うことって、ありませんか?

 

私はとてもよくあります。

 

 

その逆で、HSP特有の「考えの深さ」ゆえに、異性からアプローチされたこともあります。

 

その男性は最初、私のことを「ただ明るくて八方美人な人」だと思っていたそうなのです。

 

しかし、じっくり話し込んでみると、意外な苦労をしているうえ、その苦労ゆえ人生について深く考えていることがわかり、「奥が深い人」というふうに印象が180度変わったそうなのです。

 

先程も書きましたが、人はなにも外見だけに惹かれるわけはありません。

 

もちろん「物事を小難しく考える人は嫌だ。単純で明るい人がいい」という人も少なくないでしょう。

 

しかし、その逆で「常に生きる意味を自らに問いかけ、人生を意味あるものにしようと努めている人」が好きな人もいることでしょう。

 

実際に、上に述べた男性はそういうタイプの方でした。

 

 

ただ、その方もHSPっぽかったので、ひょっとすると、HSPの方を惹きつけていただけなのかもしれませんが。。。笑

 

 

f:id:mariebelle:20210413172245p:plain

HSPの恋愛

ここまで、HSPがモテると思われる理由および私の実体験について書いてきました。

 

ところで、私がHSPであることに気付いたのは、ごく最近のことです。

私の若い頃には、HSPの概念はまだありませんでした。

 

若い頃から感じていたのは、「自分はおとなしめの少しコミュ障気味の人に好かれる。逆に、体育会系やクラスの人気者タイプからは嫌われる」ということでした。

 

なぜだろう?

 

私が明るいから、おとなしいタイプの人に好かれるのかな?

 

漠然と、そんなふうに思っていました。

 

 

逆に自分はどんなタイプに惹かれるのかというと、

 

「ザ・B型」(B型の方、ごめんなさい!)です!

 

一匹狼的で、でもそれは「人嫌い」だからしているわけではなく、自分の「好き」を追求していたら一人になっちゃった、みたいな人です。

あっけらかんとしていて、細かいことは気にしない。

他人にどう思われても気にしない。

 

そういう人に弱いです。

 

 

思えば、自分はHSPなので、常に気疲れしています。

周りのことが気になりすぎて、どこか萎縮したり人の顔色をうかがったり。

 

そんなふうだから、「ザ・B型」タイプに惹かれていたのだと思います。

 

 

そして、自分を気に入ってくれた方々。

彼らはきっと、HSPだったのではないかと思います。

そして、私の中のHSPらしさに敏感に気付き、好きになってくれた気がしています。

 

 

ひょっとしたら、

「HSPの男性は、パートナーにもHSPらしさを求める」。

 

「HSPの女性は、パートナーにはHSPらしさを求めない」。

 

そういうことが言えるのかも??

(これはあくまでも私見です)

 

皆さんのご意見をいただけたら嬉しいです。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

またここでお会いしましょ😊

 

★いつもポチッとご協力ありがとうございます! 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

 

★読者登録で応援していただけると嬉しいです🙏

マリベルの気ままにまたたびNyavi - にほんブログ村

 

★あわせて読みたい記事はコチラ👇

mabelle.life

 

mabelle.life

 

ブログランキング・にほんブログ村へ