【太宰府】こしあんの梅が枝餅が食べたい!~お花見の穴場も!

先日、博多に宿を取り、レンタカーで太宰府まで行ってきました。

 

太宰府といえば、なんといっても「梅が枝餅(うめがえもち)」ですよね。

 

今日は、太宰府天満宮の参道で食べることのできる梅が枝餅と、お花見の穴場をご紹介したいと思います!

 

一番人気の梅が枝餅

私たちは、太宰府天満宮近くのコインパーキングに車を停め、天満宮に続く参道をぶらりと歩くことにしました。

 

参道には、たくさんの梅が枝餅屋さんが軒を連ねています。

 

お店によって、並んでいる人の数もだいぶ異なっていました。

残酷だなと思いつつも、人が並んでいそうなお店を探します。

 

いちばん長い行列ができていたのが、こちらの「かさの屋」さんでした。

 

f:id:mariebelle:20210403173056p:plain

f:id:mariebelle:20210403164756p:plain

こちらは娘が買って、私は一口だけもらいました。

 

めっちゃ粒あん!!

 

実は私、粒あんが苦手なのです。。。

 

粒あんが好きな娘は大喜びで食べていました。

 

こしあんの梅が枝餅はあるのか?

粒あんが苦手な私は、「寺田屋」さんの梅が枝餅はこしあんだという情報を事前にゲットしていました。

 

寺田屋さんは、太宰府天満宮に一番近い場所にあります。

 

f:id:mariebelle:20210403165400p:plain

「かさの屋」さんに比べると、ぜんぜん混んでいません。

 

若干の不安を感じつつ、ひとつだけ購入。

 

f:id:mariebelle:20210403165557p:plain

ん???

 

 

こしあんじゃない!!😂笑

 

 

 

でもでも!

 

 

極めてこしあんに近い粒あんです!!

 

 

私の苦手な豆のツブツブ感がない!

 

 

これはとっても食べやすい!!

 

そして、お餅は柔らかくてふっかふか。出来たてだから美味しい!!

 

 

私が見た口コミを書いた方々は、粒が入っていることに気付かなかったのかもしれません。

 

それくらい、なめらかなあんこでした。

 

 

ちなみに、ガッツリ粒あん「かさの屋」さんの梅が枝餅は、博多駅にも売っていました

 

私たちは太宰府で無理して購入したのですが、帰りに博多駅で買えばよかったと、ちょっと後悔しました(^^;

 

太宰府参道にあるスタバ

もうひとつ、私たちが楽しみにしていたのが、参道にあるスタバでした。

 

こちらのスタバは、建築家の隈研吾氏デザイン。

 

スギの木を使っており、木組みに釘は一切使われていないそうなんです!

 

 

f:id:mariebelle:20210403171004p:plain

f:id:mariebelle:20210403170725p:plain

吸い込まれるように店内に入り、テイクアウトしました。

 

f:id:mariebelle:20210403171139p:plain

店内も、圧巻です!

スタバファンにはたまらないステキな店舗でした♪

 

お花見の穴場~水城跡~

その後、車で水城(みずき)跡まで移動しました。

 

桜と菜の花のコラボレーションが実に見事でした!

 

入場無料で、お花見をたっぷり楽しめます!

 

f:id:mariebelle:20210403171555p:plain

家族連れに混ざって、結婚式で流す映像の撮影をしているカップルもいました。

 

春爛漫。

 

幸せがそこかしこで咲いていました😊

 

 

f:id:mariebelle:20210403171944p:plain

私も思わずポーズを取って撮影してしまいました(笑)

 

f:id:mariebelle:20210403172116p:plain

絶景です!

 

春に太宰府を訪れる際には、ぜひ水城跡にも立ち寄ってみてくださいね。

 

駐車場だけが問題で、係員が誰もいないんです。

 

車幅一台分しかない道を進んだ先にある空き地に勝手に車を停めていく形式なので、他の車との合図の出し合いがちょっと大変でした。

 

まぁ、無料ですし文句は言えませんが。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

またここでお会いしましょ😊

 

 

★いつもポチッとご協力ありがとうございます! 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

 

★読者登録で応援していただけると嬉しいです🙏

マリベルの気ままにまたたびNyavi - にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ