ドラマ『昼顔』の韓国版。イ・サンヨプが良すぎる件。

★読者登録をぜひよろしくお願いします!

f:id:mariebelle:20210401134710p:plain

皆さん、上戸彩ちゃんと斎藤工主演の不倫ドラマ『昼顔』は観ましたか?

 

ドラマ版が2014年に放映され、その後映画版も上映されました。

 

私は両方観ました。主題歌と挿入歌が、物語を盛り上げましたよね~。

 

最近、『昼顔』の韓国版である『平日午後3時の恋人たち』を視聴しました。

 

最初の数話は「どうせ『昼顔』と同じでしょ」とたかをくくっていて、ちゃんと見ていませんでした。

 

途中からちゃんと見始めた私は、「なぜ最初からぜんぶ観なかったんだ!」と後悔しました。

それほど、面白かったです。

 

今日は、日本版『昼顔』と、韓国版の『平日午後3時の恋人たち』の比較をしてみたいと思います。

 

ネタバレがありますので、韓国版の結末を知りたくない方は、次のキャスト紹介までにしておいてくださいね。

  

韓国版『昼顔』キャスト

まずは大事なキャストのご紹介から。

 

主役:ソン・ジウン(日本版の笹本紗和(上戸彩))/ パク・ハソン

 

f:id:mariebelle:20210401121111p:plain

清純派の代名詞みたいな人ですね。

 

この人が上戸彩ちゃんの役をやると知ったときは、驚きました。

 

「不倫」っていう言葉から一番遠いイメージ。

 

ずっと「この女優さん、どこかで見たことある」って思ってたんですけど、『トンイ』の王妃役の方なんですね。

 

f:id:mariebelle:20210401121416p:plain

タレ目で優しそうで華奢で。。。

 

この女優さんを起用したことで、韓国版は最初から最後まで、とっても爽やかだった気がしています。

 

上戸彩ちゃんの方が、なんというか。。。エロさやちょっとだらしない感じというのかな(注:上戸彩ちゃんは全然嫌いではないですよ!)が、出ていたと思います。

 

ユン・ジョンウ(日本版の北野先生(斎藤工))/ イ・サンヨプ

 

f:id:mariebelle:20210401121908p:plain

そして出ました!イ・サンヨプ!

 

キャー!!(笑)

 

このドラマ、サンヨプさんを見るためだけに見てもいい気がしてます。

 

それくらい、カッコよくて演技がうますぎる。

 

サンヨプさんって、ちょっと魚顔じゃないですか。

 

私、魚顔ってあまりタイプじゃないのに、ジウンと恋に落ちるあたりのシーンを見ていたら、なんだかドキドキしてきてしまいました(笑)

 

なんていうのか、サンヨプさんの「瞳」の吸引力はすごいです!

 

文字通り、吸い込まれます。

 

サンヨプさんといえば、『あなたが眠っている間に』(2017)での怪演に度肝を抜かれた私。

 

演技力が普通ではないです。

 

日本版の斎藤工さんは、男の色気たっぷりすぎて、個人的にちょっと胸焼けしてしまったのですが、サンヨプさんにかかってしまうと、不倫も「純愛」にしか見えないから不思議です。

 

チェ・スア(日本版の滝川利佳子(吉瀬美智子)) / イェ・ジウォン)

 

f:id:mariebelle:20210401122952p:plain

日本版の利佳子役をこの女優さんが演じると知ったときは、正直「え、オバサンすぎない?」と思ってしまいました。

 

73年生まれです。

 

利佳子役の吉瀬美智子さんは、75年生まれ。しかも、『昼顔』放映は2014年ですから、そう思ってしまうのも仕方ないですよね。

 

それに、お金持ちの奥さん感があまりないかも。

 

『30だけど17です』(2018) のお手伝いさん役が印象に残りすぎているのかもしれません。

 

ト・ハユン(日本版の画家(北村一輝))/ チョ・ドンヒョク

 

f:id:mariebelle:20210401123808p:plain

北村一輝さんに比べると、ワイルド感は若干少なめかな?

 

なんだかとっても優しそうな方で、北村一輝の「危ない」感じは出ていなかったように思います。

 

『昼顔』韓国版の感想~韓国版のココが好き!~

★ここから先はネタバレがありますので、ドラマを見るご予定のある方はここまでになさってくださいね。

 

f:id:mariebelle:20210401125703p:plain

ジョンウ(左)とジウン(右)

ジョンウの好きなもの

北野先生(斎藤工)は、昆虫好きな生物教師という設定でした。

 

道にしゃがみこんでは、昆虫を観察する北野先生の姿を見ていて、「この姿に惚れるかなぁ?」とちょっと不思議に思っていました。

 

斎藤工のルックス頼みにもほどがあると。

 

しかし、韓国版のジョンウが好きなのは、昆虫ではなくて、お花です。

 

これなら惚れるね、納得!!

 

となりました(笑)

 

平凡な主婦ジウンの夢

上戸彩ちゃん演じる笹本紗和は、これといって好きなものややりたいことのない設定でした。

 

映画版『昼顔』でも、一人暮らしをしながら食堂でパートをしていました。

 

本当に「男」しかない生き方に思えて、見ていて少しイライラしてしまったのを覚えています。

 

ところが、韓国版のジウンには夢があります

 

ジウンは、シナリオライターになりたいのです。

 

ジウンと心を通わせたジョンウは、彼女に「作家 ソン・ジウン」と刻印されたペンをプレゼントします。

 

彼女の夢を応援するわけですね。

 

恋愛だけではなく、ただなんとなく日々を送っていたひとりの女性の「自立」を描いているあたりが、とても好きでした。

 

ハムスターではなく、「小鳥」

笹本紗和夫婦は、夫が子作りを拒否するため、代わりにハムスターを我が子のように可愛がって育てていました。

 

韓国版では、ハムスターではなく、小鳥が用いられています。

 

「鳥かごの中の小鳥」が、「家庭に閉じ込められている主婦」を(ステレオタイプではありますが)連想させます。

 

不倫関係にあったジョンウと破局を強いられたジウンは、夫とも離婚し、遠く離れた地で一人暮らしを始めます。

 

そこでまずジウンがしたことは、家から連れてきた小鳥を、鳥かごから解き放つことでした。

 

自分と小鳥を重ね合わせるジウン。

 

ハムスターよりも叙情的で、とっても好きでした。

 

ハッピーエンド

これ、本当にビックリでした!!

 

まず、日本版ドラマ最終回は、こんな感じでした:

  • 笹本紗和と北野先生は無理やり破局させられる。
  • 北野先生夫婦は引っ越し。
  • 紗和夫婦は離婚。
  • 利佳子と画家も破局し、利佳子は家に戻る。
  • 画家は手を負傷し、後遺症が残る。

 

「不倫は悪」という道徳を知らしめるためでしょうか、なんとも辛い結末です。

 

利佳子は家に戻れたからいいけれど、他の人達はしんどすぎますよね。

 

しかも、続編となる映画版ではあんなことになるし。。。(見ていない方もいるでしょうから、書くのは控えます)

 

コレに対し、韓国版の結末はというと:

  • ジウン夫婦は離婚。
  • ジウンはひとり、夢に向かって歩み始める。
  • 夫は、夫をずっと好きでいた部下の女性と再婚し、子供をもうける。
  • ジョンウは妻とアメリカに渡るも、その後離婚。妻は外国人と再婚し、出産。
  • ジョンウはアメリカで博士号を取得し、出世。
  • ジョンウはジウンを迎えに来る。

 

はい!夢に描いたようなハッピーエンドです!

 

元配偶者たちも、それぞれ新たな幸せをつかんでいます!

 

うまくいきすぎです!(笑)

 

不倫した女は家には戻れない?

ところで、スア(日本版の利佳子)とハユン(画家)はどうなったのかというと、日本版同様、破局します。

 

日本版では、利佳子はその後しれっと家庭に戻りますよね。

 

ところが、スアは家には戻りません。

 

一人暮らしを始めるのです。

 

ですが、娘たちとは定期的に会っている様子でした。

 

スアの夫は復縁を望んでいましたが、スアはハユンを本気で愛しており、また子どもたちを一度は悲しい目にあわせてしまった手前、家庭には戻れなかったのでしょう。

 

韓国式の「不倫は悪」という道徳の知らしめ方を見た気がしました。

 

なんとなくですが、子持ち主婦の「不倫」と、子供のいない主婦の「不倫」は違うと考えているように思えました。

 

これは日本版についてもそうなのですが。。。

 

やはり、スア(利佳子も)は、娘たちを傷つけてしまった点が痛すぎましたよね。

 

 

 

いかがでしたか?

 

韓国版『昼顔』、とってもオススメです!

 

私もまた第1話からしっかりと観てみたいです。

 

だって、サンヨプさんを見たいから♡(笑)

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました😊

ブログランキング・にほんブログ村へ