大切にされたいなら○○することはやめましょう【恋愛】

★読者登録をぜひよろしくお願いします!

f:id:mariebelle:20210118143541p:plain

突然ですが、あなたはいま、自分の好きな人から大切にされていますか?

あるいは、これまで好きだった人から大切にされてきましたか?

 

私はこれまでの人生で、好きな人に大切にされなかったり、別れを告げられてしまう人には、ある傾向があることに気が付きました。

 

それは、「相手に尽くしすぎる」ということです。

 

この記事では、筆者が実際に経験したことや見聞きした事実を元に、「どうすれば好きな人に大切にされる人間になれるか」について考えていきたいと思います。

 

尽くす男と奪う女

出逢い

これは私の知人男性の話です。

20代のAくんは、外見はふつうですが、都内有数の高級住宅街に住むお金持ち。

ショッピングはすべて百貨店で済まし、セールなどには用はありません。

当然のごとく、高級時計に高級車を所有していました。

 

f:id:mariebelle:20210116203855p:plain

そんなAくんですが、性格はえらぶったところのない温和で気さくな子で、怒ったところを見たことがありませんでした。

 

Aくんは、大学に入ってしばらくの間は彼女はいませんでした。

しかしある時、B子という同じ学部の同じ授業を取っていた女子に見そめられます。

 

B子はどんなタイプかというと、ルックスはお世辞にもキレイとはいえない、ごくごく地味な子。

 

AくんはB子にまったく興味を示しませんでしたが、B子は絶対に諦めようとはしませんでした。

 

しつこくアタックしてくるB子にほだれたAくんは、B子と付き合うことになります。

そうです。Aくんは「来るものを拒めない男」だったのです!

 

男のすべてを奪う女

はれて付き合い始めたAくんとB子。

B子は日に日にキレイになっていきました。

「恋をしているから?」

 

それだけではありません。

頭の先から爪の先まで、すなわちアクセサリーから洋服、靴、バッグまで、百貨店レベルの品をすべてAくんに買ってもらっていたのでした。

 

f:id:mariebelle:20210116203511p:plain

2人が通っていたキャンパスは郊外にあり、Aくんは高級車で毎日通学していました。

B子と付き合い始めたAくんは、2時間も遠回りをして、毎朝A子を迎えに行き、毎夜家まで送り届けていました。

 

こうしてB子はAくんの財布・体力・時間のすべてを奪い尽くしていきました。

 

 

当然、B子はどんどん垢抜けてキレイになり、通学に体力を使っていないので勉強に集中できます。

 

一方、Aくんは毎日の送り迎えで寝不足になり、勉強もはかどりません。

 

そうこうしているうちに、B子は在学中に難関資格の合格を果たします。

ご想像のとおり、Aくんは同じ試験を受けるも玉砕。

 

しばらくして、B子はその資格合格を通じて出逢った年上男性(超高級とり)と浮気していることが判明します。

 

Aくんは捨てられました。

 

ボロボロになったAくんは、しばらくB子のことが忘れられず苦しみます。

f:id:mariebelle:20210116211059p:plain

再び奪いに来た女

2人が別れて数年後、Aくんの前にふたたびB子が現れます。

B子は、あのときに付き合っていた男性とは別れたと言います。

 

最初は警戒していたAくんですが、慣れっこく連絡をしてくるB子にほだされ、再び付き合うことになります。

 

。。。その後は上に述べたこととまったく同じことが繰り返されました。

 

B子はAくんから再びすべてを奪った末、他の男性の元へと去っていきました。

 

大切にされたいなら、与えすぎてはいけない

AくんはB子に、心だけでなく、財布・時間・体力・将来の夢のすべてを奪われてしまいました。

言い換えれば、AくんはB子に、それらすべてをささげたことになります。

 

Aくんにしてみれば、B子かわいさにしたことでしょう。

また、与えれば与えるほど、B子に愛されると思っていたはずです。

 

しかし、そうではありませんでした。

 

Aくんの姿を見ていた私は思いました。

 

人は、尽くしすぎると、相手から大切にされない

与えすぎると、相手の気持ちは離れていく

 

f:id:mariebelle:20201222105447p:plain

尽くす度にフラれる女

すぐに親密になれる女

別の知人の話をしますね。

友人C子は、「自分は異性と親密になるのが得意」とよく言っていました。

 

どういうことかというと、グループで飲み会に行ったとします。

すると、いつまでも数人でおしゃべりをし続けている人もいれば、いつのまにか異性と2ショになり、目立たない場所でしっぽりと飲んでる人もいます。

 

C子は後者の典型でした。

 

特別美人というわけではないけれど、どこかミステリアスな雰囲気をまとったC子は、男性によくモテました。

 

私が知っているだけでも、C子は3人の男性とお付き合いをしていましたが、最後はいつも男性側から別れを切り出されていました

 

それだけモテるのに、なぜなのでしょう?

 

尽くしすぎる女

C子は、男性によく尽くす子でした。

彼氏のためにお弁当を作ったり、彼氏が一人暮らしであれば、食材を買って夕食を作りに行ったりしていました。

 

f:id:mariebelle:20210118141521p:plain

まさに、「母性本能の塊」といった感じの女性なのでした。

 

しかし、こういうタイプの女性には、男性は甘えすぎてしまうきらいがあります。

少しくらい悪いことをしても、最終的には許してくれるだろうと、たかをくくってしまうのです。

 

つまり、尽くしすぎる女性は、男性にとって「油断していい&甘く見ていい女」になってしまうのです。

 

C子は結局、私が知るだけでも2人の男性にフラれていました。

 

恋が終わるたびにふさぎこむC子を見て、私はやはり思いました。

 

人は、尽くしすぎると、相手から大切にされない

与えすぎると、相手の気持ちは離れていく、と。。。

 

<与えた方の人>が、より相手を大切に想うということ

私たちは自分の好きな人に、つい物をあげたり、サービスをしたり、なにかと「与える」ことをしてしまいがちです。

 

AくんはB子に尽くしすぎましたし、C子は歴代の彼氏に尽くしすぎました。

その結果、より相手に執着したのは、B子ではなくAくんであり、尽くされっぱなしの男性たちではなく、C子のほうでした。

 

誰かに大切に想われたいのなら、その人に尽くすのはやめましょう。

尽くされた人が、あなたに執着することはないでしょう。

 

代わりに、すべてを尽くしきった<あなた>が相手に執着することになります

 

なぜなら「あれだけのことをしてあげたのだから(元をとりたい)」という気持ちが人間にはあるからです。

 

人間を動かす最も強い心情のひとつが、「損をしたくない」ということであるのをご存知ですか?

 

人間はとにもかくにも、損をすることを恐れ、嫌う生き物なのですね。

 

時間・お金・体力・心…そのすべてを尽くしたのだから、そのぶんを<愛情>で取り返したい。

そう思うのが、人間なのです。

 

 

資格試験を例にとってもらえれば、わかりやすいですね。

高額の予備校代を払い、昼夜を問わず勉強に励んだ。

それでも受からない。

次の年もチャレンジしようと、同じ生活を続ける。

翌年も不合格。

 

f:id:mariebelle:20210128152751p:plain

こうなってくると、費やしたお金や時間を取り返そうと、人はかえってその資格取得に執着します。

私は10年以上、同じ資格の勉強を続けている人を何人も知っています。

 

 

このように、人は「自分がお金や時間をつぎこんだ対象に執着する生き物」なのです。

 

大切にされたいなら

自分の好きな人に大切にされたいのなら、相手に与えすぎるのはやめましょう。 

 

そして、相手に時間やお金をたっぷり使ってもらいましょう!

 

「そんなの、ひどい!」と思いますか?

 

なにも相手から金銭を奪い取るわけではありません。

 

必要以上に自分からお金を出したり、相手のために食事の世話や掃除をするといった<かいがいしい妻(または、使える夫)>のような役割を担うのはやめましょうということです。

 

あなたのために、たくさんのお金と時間と心を使ってくれた相手は、あなたを大切に想い続けることでしょう

 

 

f:id:mariebelle:20210118141801p:plain

 

ちなみに私はというと、夫と付き合っているとき、「尽くす」ということはまったくと言っていいほどしませんでした。

1回か2回、お弁当を作ったことはありますが、食事の用意など一度もしたことがありません

病気のときに少し気にかけてあげるくらいで、ちょうどいいのです。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

また次回、ここでお会いしましょう。

 

 

★いつもポチッとご協力ありがとうございます! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

マリベルの気ままにまたたびNyavi - にほんブログ村

 

あわせて読みたい記事はコチラ👇 

mabelle.life

 

mabelle.life

ブログランキング・にほんブログ村へ