大人こそ【アウトプット力】を鍛えよう!

★読者登録をぜひよろしくお願いします!

f:id:mariebelle:20210104140322p:plain

皆さん、【アウトプット】を日常的にしていますか?

 

「アウトプット?聞いたことはあるけど、正直なところ言葉の意味がよくわからない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

【アウトプット】とは、簡単に言うと「出力する、発信する」ということです。

 

私は、大人こそ、この【アウトプット】をどんどん実践していくべきだと考えています。

 

この記事は、次のような方向けに書いています。

  • 【アウトプット】って何?と思っている方。
  • 毎日、本を読んだり映画を観たりしているけれど、何か物足りなさを感じているという方。
  • 人とちょっと違う自分になりたいなと思っている方。
  • 搾取されるだけの人生は嫌だと感じている方。

 

アウトプットとは

冒頭でも触れましたが、アウトプットとは「出力する、発信する」という意味です。

「入力する」という意味の【インプット】の対義語ですね。

 

私たちが普段行っていることを、【インプット】と【アウトプット】に分けて書いてみたいと思います。

 

【インプット】

  • 勉強(主にテキストを読むことや、暗記すること、講義を受けること)
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • SNSなどで情報収集すること(読む専門)

 

【アウトプット】

  • 学んだことを言葉にする(スピーキング、ライティング)
  • 日記を書く
  • SNSに投稿する
  • ブログを書く
  • 教える
  • 絵を描く
  • ダンスを踊る

 

自分の頭に情報が入ってくるのが【インプット】。やや受け身な印象ですね。

 

そして、自分の中から情報を出し、能動的に表現するのが【アウトプット】

 

ということですね。

f:id:mariebelle:20210104142318p:plain

 

大人こそ、アウトプットを意識しよう!

冒頭で、私は「大人こそ【アウトプット】をどんどん実践していくべきだ」と述べました。

そう感じるようになったのは、ある知人の言動がきっかけでした。

 

その人は40代後半で大学院に進学し、海外文学を専攻していました。

勉強熱心で、おとなしいタイプの方です。

 

膨大な量の海外文学を読み、短期ではありますが、50代で留学もされていました。

 

彼女が60を間近に控えたときに、「これからしていきたいこと」についてお話をする機会がありました。

 

すると彼女は、

「これからも○○先生の講義を受け続けたい。できればまた海外に行って、△△についての授業も受けたいな~」

と言うではないですか。

 

 

<え、講義ばっかり…?>

 

 

なんとなく、違和感を覚えた私は、

「人に教えたり、何か書いたりとか…そういうことはなさらないのですか?」

と、思わず尋ねてしまいました。

 

すると彼女は、

「ううん、私はすごい先生方のお話を講義で聴けるだけで幸せなの」

と答えました。

 

率直に、私は<もったいないな…>と思いました。

 

 

それだけの読書量をもち、短期とはいえ数度の留学経験もある。

それなのに、「すごい先生方」の講義をインプットするだけで終わってしまうなんて…

 

彼女だって、何かアウトプットすれば、その「すごい先生方」よりも人を惹きつける人物になれるかもしれないのにな~と感じたのです。

 

彼女とのこの会話がきっかけとなり、自分はインプットだけではなく、アウトプットもしていきたいなと思うようになりました。

 

同じ情報でも、自分というフィルターを通すことで独自の経験や知識が加味され、アウトプットされた内容は他の人とは異なるものになります

 

どういうことか少し説明させてください。

例えば、ある本をAさんと私が読んだとします。

 

その本の感想を書いたならば、Aさんのアウトプットした内容と、私のアウトプットした内容は、必ず異なるということです。

なぜなら、Aさんと私は異なるバックグラウンドや知識・経験・性格を有しているからです。

 

アウトプットというのは、様々な経験をもつ、年齢を重ねた人ほど果敢に挑む価値のあるものだと思います。 

 

先程述べた知人のように、どれだけ価値のある内容をインプットしても、その人の内部に溜め込んでしまったならば、その人が死んだら終わりです。

 

でも、その人がアウトプットしたならば、その情報に助けられたり励まされたりする人が、この広い世界には必ずいるはずです

 

変な話、アウトプットした人が死んでも、その人がアウトプットした内容は生き続けます(媒体にもよりますが)

 

せっかくこれまでにたくさんの研鑽を積んできた大人だからこそ、アウトプット力を鍛えるべきなんじゃないかなと率直に感じました。

 

f:id:mariebelle:20210104142917p:plain

大人のアウトプット方法

大人こそアウトプットをすべきだと筆者が考える理由をおわかりいただけたかと思います。

 

次に気になるのは、どんなアウトプットをしていくかですね。

 

アウトプットの方法を以下にざっと挙げてみますね(抜けているものもたくさんあるかと思います。「これは入れとかなきゃ!」というものがあれば、コメント欄からぜひ教えてください)

 

Youtube

Twitter

インスタグラム

Facebook

ブログ

Tik Tok

Voicy

スタエフ(stand.fm)

自費出版

短歌・俳句

etc...

 

この中で私が試したことがあるのは、Twitter、インスタグラム、Facebook、ブログ、短歌です。

 

Facebookは実名で行いますので、鍵アカウントでした。

幼なじみと繋がって、近況報告。

でもだからといって、直接会ったりするわけでもなく。

そのうちなんとなく「幸せ度の比較合戦?」みたいな雰囲気になってきて。

「これ、意味あるのかな?」と疑問に思い、早々に退散。

 

インスタグラムは、こちらはニックネームでしたが顔出しはしていたため、鍵アカウントで運営していました。

まぁ、いろいろ思うところがあって、インスタもフェイドアウト

(そのあたりのことは、過去記事で書いています。もしご興味があれば…)

mabelle.life

mabelle.life

 

今現在、継続しているのは、このブログとTwitterだけです(たまに短歌も笑)。

 

両者に共通しているのは「文字が主体」ということと、「完全な匿名性」であることです。

 

私は文章を書くことがとにかく好きなので、写真主体のインスタグラムや動画のYou Tubeはあまり合いません。

 

いま気になっているのは、音声配信のスタエフです。

顔を出すのはイヤですが、声だけなら…

 

Youtubeは皆さんご存知のとおりレッドオーシャンですが、スタエフはまだスタートして1年経っていないそうです。

ご興味のある方はぜひ試してみて、どうだったか教えて下さい^_^

 

f:id:mariebelle:20210104143146p:plain

搾取されるだけの人生はイヤ

ちょっと強烈な見出しですが(汗)

インプットばかりしているのって、結局のところ「他人様にお金を払い続けている」っていうことなんですよね。

 

もちろん、それによって知識や教養を得ることはできます。

 

でも、支払い続けるだけの人生って、ちょっぴり切なくないですか?

 

自分なりにがんばって長く生きてきたのですから、その経験を発信することで、少しでも「対価を受け取る側」になりたいものです。

 

さすがに今日始めて、明日支払いを受けるというわけにはいきませんが。

 

少しずつコツコツとアウトプットを続けることで、知らなかった景色が見えてくるかもしれません

 

なんとも夢がありますね。

 

中年以降の大人こそ、アウトプット力を鍛えましょう!

 

 

ちなみに、このブログに頻繁に登場するカズレーザーさんも、アウトプットの重要性について語っています👇 

toyokeizai.net

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

また次回、ここでお会いしましょう。

 

 

★いつもポチッとご協力ありがとうございます! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

マリベルの気ままにまたたびNyavi - にほんブログ村

 

あわせて読みたい記事はコチラ👇 

mabelle.life

 

mabelle.life

 

ブログランキング・にほんブログ村へ